幼少期(その1)

 前回書いた左利きのお陰もあって幼稚園は大嫌いでした。嫌いで居たくないものですから、何度か勝手に幼稚園から自宅に帰ってきた事を記憶しています。朝も集団登園する集合時間に見たいテレビ番組がやっていたので、ぐずっていました。そんな幼稚園で唯一の楽しみは、お昼寝と帰りがけに貰える肝油ドロップでした。
 帰宅後は近所の幼馴染と遊ぶことが楽しかったです。近所の八幡神社で遊んだり、家の屋根に登ってみたり、畑で秘密基地を作ったり、浅瀬の用水路に入ってザリガニを取ったり、忙しく遊びまわっていました。その中で思い出深い出来事のひとつに入院を経験した事があります。ある時におたふく風邪に掛かり、治りかけの時にじっと寝ていることが出来ずに外で遊んでいました。それが原因でおたふく風邪をこじらせてしまい、腎盂炎という腎臓に細菌が入ってしまう病気になってしまいました。この時のことはうろ覚えですが40度以上の発熱でした。そして、トイレで便器にまたがった時に遊園地のびっくりハウスのようにトイレが縦方向にグルグルと回る経験をしました。その時に目が回るというのは渦巻のように平面でグルグル回るだけではなく、立体的にも回ることがあるという事を知りました。親の話ではその時にゲラゲラと意味も無く笑っていたそうです。そのような状態だったので、その当時の父親が勤めていた会社の前に地元では大きな病院がありまして、そこに入院することになり、約二週間の入院生活を余儀なくされました。その時の楽しみは卵かけご飯の食事でした。高熱が続いてフラフラしていたせいか体温計を落として割ってしまったという記憶があります。両親が毎日見舞いに来てくれたことは親子のスキンシップとしては良い時期だったのかもしれません。
 あと、私自身の覚えのないところでは、親の話によると近所にある駅前で物干し竿を振り回して歩いていて近所の人が親を呼びに来たとか、結構手が掛かる子どもだったようです。高校生ぐらいの時に親戚の叔母さんに久しぶりに会って言われた一言、「おとなしくなったわね。」が私自身の成長を物語っていると思ったものです。(笑)多分、今でいうとADHD気質だったのだと思います。しかし、その当時にラベリングされなくて良かったと思っています。今は「少し変わっている人」で済まされています(笑)。これ以外にも悪さをして怒られたりした記憶は他にもありますので、またの機会にお話ししたいと思います。
 そして、この病気がきっかけなのか、これ以降の人生において膀胱炎になったり、尿管結石になったりとトランジットをしています。尿管結石の時にエコー検査をして初めて知ったのは私の腎臓は馬蹄腎と言って左右繋がっているそうです。腎臓のスペアが無いわけですね。左利き、馬蹄腎、私は何を背負っているのでしょうか。
また、私はよくトイレにまつわる夢を見ます。分析家との夢分析では女性はトイレの夢をよく見るが男性はまず見ないという事を言われます。つまり、女性性の象徴の一つとしてトイレの夢が出てくるという訳です。私のトイレの夢は幼少期の病気が影響しているのか、幼少時の体験が女性性を無意識に感じているのか、何を意味しているのだろうかという事を考えています。膀胱炎は女性がなりやすい病ですし、尿管結石は出産と同等の苦痛と言われています。やはり、これらも女性性と関係があるのでしょうか。河合隼雄先生の著書では日本は母性的な社会であるという事を言っておられます。母性も適度であれば包まれて心地よくて安心できると思うのですが、行き過ぎると呑み込まれて締め付けられて苦しくなってくる事もあると思います。母性と父性のバランスが大切ですね。
 次回は幼少期(その2)をアップしたいと思っています。

プロフィール

おおたよしかず

Author:おおたよしかず
浜松市(旧浜北市)生まれ・育ちのアラフィフ男性です。
私は転職や離婚を経験して悩んだ時期もありました。そのような中、縁あって大学院で臨床心理学を学ぶ事ができました。心理学を学んで行くなかで自分自身を見つめ直すことができました。これらの経験を活かし地域貢献することができたらという思いに至り、浜北心理相談室を立ち上げる運びとなりました。皆様の悩みに寄り添いながら一緒に歩んでいけたらと思いますので、よろしくお願いします。
(資 格)
・臨床心理士
(所属学会)
・一般社団法人 日本心理臨床学会
・一般社団法人 日本箱庭療法学会
(所属研究会)
・東海箱庭療法研究会
・東京ソンディ研究会